傍ら汗デートで赤っ恥

とにかくお隣汗が凄いんです。全体的に汗っかきな風習ですが、特に顔つきからの汗とお隣からの汗は半端なく、とあるシルエットを超えると突然ぶわっと汗が噴き出してきて、夏場はハンド手ぬぐいが手放せないくらいです。でも顔つきからの汗はまだ救いがあります。意思として拭けば良いのですから。ただし、お隣の汗はどれだけ噴き出してきてもいちいちウェアの中にこぶしを突っ込んで拭く目的にもいきません。様々な制汗剤も使いましたが、異臭は抑えられるものの汗がぴたっと居残るような品物は未だに出会っていません。
これは彼と付き合い始めてまだ一月のうちでした。まだ初春だというので油断していたあたいが悪いのでしょうが、あたいはデートにあろうことかグレーのウェアを身につけていってしまったのです。勿論、自分の汗かき風習を忘れていたわけではありません。彼にお隣汗を見られたくない一心で、買ったばかりの内部(お隣の部分にパットが内臓されてお隣汗を吸収して得るは)を着用していったのです。もうそれで、あたいはすっかり安らぎしきっていました。どれだけ歩いても緊張しても、こういうパットが私の大量のお隣汗を合計吸収してもらえるだろうと。
今となっては、何故買ったばかりのその内部をそこまで過信していたのか、自分が信じられません。多分、一般的なお隣汗であればその内部で汗をカバーするには満点だったのでしょうが、私のお隣汗は別物だったようで、対策を言いますと、私のお隣汗はその内部を透過してグレーのウェアにばっちり黒い汗ジミを作ったのでした。幸い彼は笑い飛ばしてくれて、汗が原因でどうこう達するはなかったのですが、あたいは死ぬ程恥ずかしかったです。あのお天道様以来、あたいはグレーのウェアを一度も身につけた事はありません。pcオンラインゲームのおすすめはコレ